2015年12月17日木曜日

ワンポイントレッスン♪ Day 12:母音で歌う



Day 12:母音で歌う

歌詞を、すべて母音だけで歌ってみます。


母音だけで歌うことで、その後普通に歌ったときに、滑舌もよくなるし、歌声がとてもクリアに聴こえるようになります。

母音で歌うときは、口を開けることを心がけてください。特に口の中を開けるイメージです。(開けすぎてアゴが痛くならないように気をつけてください!)

慣れるまでは歌いにくいのですが、音程もしっかり取りながら、滑舌にも気をつけて母音だけで歌ってみましょう。


例えば、ゲスの極み乙女。さんの『私以外私じゃないの』のサビの部分だとこうなります。(個人的にとても好きな曲です。)



私以外 私じゃないの
ああいいあい ああいああいお

当たり前だけどね
ああいあえあえおえ

だから 報われない 気持ちも整理して
あああ ううあえあい いおいおええいいえ

生きていたいの
いいえいあいお

普通でしょう?
うううえお〜



一行が長い部分は見やすいように区切ってあります。

「じゃ」や「しょう」などは、小さい文字「ゃ(母音あ)」、「ょ(母音お)」の母音を使います。

「を」や「ん」はそのままで大丈夫です。

最後の「普通でしょう」の「う」は本来「う」なのですが(というか元から母音ですが)、この場合歌い方として「しょ〜」と伸ばしていて、「う」をはっきり発音していないので、「お〜」で表しました。(厳密に言えば、「整理して」の部分も「せ〜りして」に聴こえるので、「え〜いいて」と歌ってもらっても大丈夫です。)


先日テレビを見ていた時に、俳優さんが「セリフを読む時に母音だけで読む」と言うことをお話しされていました。歌だけでなく、セリフを読む時にも役に立つんですね☆

是非一度、試してみてください♪