2015年12月16日水曜日

ワンポイントレッスン♪ Day 11:外国語(主に英語)の曲を歌う時のコツ




Day 11:外国語(主に英語)の曲を歌う時のコツ

外国語の曲は、空耳アワー的に、聴こえたまま歌いましょう!


外国語の曲で生徒さんが歌う曲は英語の曲が多いです。韓国語の曲をしたこともあります。「次回はイタリア語の曲をしたい」という生徒さんもいます☆

今回は、主に英語の曲としてお話をします。

英語の授業のようにハッキリと単語を発音しすぎると、ハマらなかったりテンポがズレてしまったりします。ですので、とにかく聴こえたまま流れるように(なめらかに)歌うことが大事です。

そのためにはしっかり聴き取らないといけませんね☆
英語の場合は、聴き取りの前に、聞き流してまず英語を耳を慣らすことも大事です。


単語の最後の音は消えてしまうことがあります。聞こえない部分は、歌わなくて大丈夫です!(逆に最後までしっかり歌い切る単語もあります)

また、次の単語とくっついて一つの単語のようになることもあります。

英語の曲も強弱やアクセントがハッキリしていると思うので、しっかり聴き取って真似をしてみましょう♪


〈英語発音ワンポイント〉
これだけでも押さえると、発音が良くなると思います☆

TH→舌の先を軽く噛む
F→下唇を軽く噛む(無声音)
V→下唇を軽く噛む(有声音)
R→舌の上の右端と左端を上に軽く当てる
L→エルの「ル」の時に軽く舌を噛む

☆さらに英語の発音を強化したい方には、オススメ本コーナーで以前ご紹介した『ドリル式 フォニックス<発音> 練習BOOK』(ジュミック今井 著)がオススメです!
http://vc-s-key-a.blogspot.jp/2015/11/blog-post_13.html