2015年12月4日金曜日

オススメ本:コーライティング編


『最先端の作曲法 CO-WRITING
コーライティングの教科書』
山口 哲一・伊藤涼 著


本日のオススメ本、コーライティング編です。

コーライティングとは、メロディ、トラック、編曲、歌詞、仮歌など、各クリエイターが得意分野を活かして共同で作曲をすることです。

私も普段、曲作りをする際は、作曲家さんが作曲とアレンジを担当、私が歌詞と仮歌を担当と言う形でコーライティングしています。

大抵の場合、作曲家さんと私の2人でメールのやり取りをしていますが、最近は、クリエイターが集まり、チームを組んでその場で曲を作る、コーライティングキャンプと言うものもあるそうです。

また、海外の作家さん達がコライトした曲に、日本語の歌詞を私がつけて、全員でのコライト作品が出来上がると言うことも多いです。(海外の方との作品のクレジットだけ見ると、気分的には海外で作詞している気分ですが、バリバリ日本の自宅で作詞していますw)

この本の中では、それぞれのクリエイターの役割や、コーライティングキャンプ事情など、作家さんのインタビューも載っています。

個人的には、岡嶋かな多さんとヒロイズムさんは最近気になっていた作家さんだったので、インタビュー記事があって嬉しかったです。

いつかキャンプに参加したり、海外でコライトをしてみたいなぁと密かに思っています。