2015年12月5日土曜日

ジェレミー・チャンス先生の特別講義 後日談



ジェレミー・チャンス先生の特別講義の後日談です。


ジェレミーの特別講義を受けた数日後、USK先生のレッスンを受けました。


レッスンでは、たまに人生相談と言うか、いろいろな話を聞いてもらったりすることもあり、その日は「先日、ブチ切れてしまった」と言う話しをしていました。

「ストレスを溜める前に発散できたらいいのに」と話していました。

キレるときに、自分に何が起こっているのかを観察したかったのですが、そんな余裕もないぐらいにキレてしまっていました。

PMSのせいだと思っていたのですが、それでも酷すぎたなぁと反省していました。

それが、ちょうどジェレミー先生のレッスンを受けた日の夜だったことを伝えると、「あ、それのせいやわ。」とUSK先生に言われて驚きました!!

「ジェレミー(アレクサンダー・テクニーク歴40年)ぐらいになると、触れられるだけで緩むから、たぶん本当の感情が表に出てきたんじゃないか」


と言われ、妙に納得しました。(触れると言っても、頭の辺りをそっと支える程度です)

ジェレミー先生すごすぎる!!!

レッスン中にジェレミー先生に触れられて、固めてたのが緩んで号泣した方もいるらしいです。

実際に抑えていた感情だったので、それを出してスッキリできてよかったと、最終的には思えました。

そのおかげか、肩凝りもマシになり、その次の日には今まで書いたことのないような歌詞が書けました。(不思議に思っていたのですが、ジェレミー先生のおかげだったのかもしれません。)