2015年11月28日土曜日

ジェレミー・チャンス先生の特別講義 ⑤ピンクのゾウ



ジェレミー・チャンス先生の特別講義④の続きです。


ピンクのゾウ

ネガティブな言葉(「~をしてはいけない」)は逆効果。

ピンクのゾウ絶対に想像しないでください。

と言われると、ピンクのゾウのことしか考えられなくなる。
→ ネガティブな言葉を使うことで、余計意識してしまう。


何度かアレクサンダー・テクニークのレッスンに通われている方が、「首をフリーにしていても、喉の辺りに力が入ってしまう」と話されました。

それに対してジェレミーは、

「フォーカス(集中)すると、そこには何も無いのに、固めていってしまうから痛くなる。」

と答えていました。


「喉は意識せずに(ジェレミーに向かって)さっきと同じ話をして。」と言われ、しばらくは力を入れずに話せていました。


「アレクサンダー・テクニークは練習しないといけないから、みんなここに戻ってくる」

毎回同じこと(課題)に取り組む人もいるし、毎回違うことをする人もいるそうです。


確かに一度やっただけじゃわからないなぁ、と毎回すごく感じます。

USKさん以外の先生に教わったことがなかったので、また違った雰囲気で、ジェレミーさんのレッスンも受けれてよかったと思いました。