2015年10月29日木曜日

Column:演技

『Prime Days』脚本・演出の虎本さん(中央)と、
プロデュース・出演のJAGGERの皆さん。


小学生の頃、私は女優の安達祐実さんの大ファンでした。

映画『REX 恐竜物語』を観に行ったことがキッカケだったと思います。

「私もあんな風になりたい!女優さんになるんだ!」と思うようになり、小学生の時は演劇部に所属していました。


中学生の頃からは、シンガーを目指していたので演技はしていませんでしたが、歌うことは演技をすることに近いところがあると思うので、今でも演技には興味があります。


2012年に、講師をしていたRiver Art Place主催(JAGGERプロデュース)の舞台『Prime Days』に出演させていただきました。

最初は、「一曲歌うぐらい」と聞いていたのですが、まさかのヒロイン役!!台詞もしっかりありました(笑)

ちゃんと台詞を覚えられるか、演技ができるか、とても不安でしたが、演出の虎本さんのご指導と、出演者の皆さんのおかげでなんとか頑張ることができました。

舞台を観に来てくれた方々から「意外と演技もできるんやね?!」と驚いてもらえましたが、私は必死すぎてよくわかりませんでした。(笑)

それにしても、一緒に演技をさせていただいて、改めて役者さんはすごいなぁと思いました。

その後、虎本さんの劇団の舞台や、一緒に出演させていただいたDACTpartyさんの舞台を何度か観に行かせていただきました。


そして、一昨年から昨年ぐらいまで、数回ですがスタジオアクターズアートの田中徹先生の演技レッスンを受けていました。一回3時間、たっぷりとレッスンをしていただけます。

レッスンの日が変わって行けてなかったのですが、11月から土曜日オープンクラスが開講になるので、また行きたいと思っています。


スタジオアクターズアート
http://sta-system.jimdo.com/