2015年10月23日金曜日

オススメ本:からだの使い方編


『うまく歌える「からだ」のつかいかた』
川井弘子 著
(誠信書房)


本日のオススメ本は、からだの使い方編です。

アレクサンダー・テクニークのレッスンを受け始めて、ほんの些細なカラダの動きで声の出方が変わることを知ったので、今までは難しそうで興味のなかった、カラダの筋肉などの働きに興味を持ち始めました。

そんな時に、USK先生から教えていただいたのがこちらの本です。声楽家(ソプラノ)の方が書かれているので、私にとってはとてもわかりやすかったです。

教える際に伝える「言葉」について書かれていたのですが、実際私がレッスンで伝えていることは、すべてイメージなので、きちんと伝わっているかわからないことがあります。

伝わる人にはそのまま伝わるのですが、逆のこともあり得ます。そう言った場合の他の言い方の提案のようなことも書いていました。

それを見て、改めて言葉遣いに気をつけなければいけないな、と思いました。

筋肉や骨の名前など、慣れない難しい言葉が多いので、完全に理解できているわけではありませんが、とても勉強になりました。

エクササイズの仕方も載っています。