2015年10月10日土曜日

部屋全体に響かせる(距離感)

山や海に向かって声を出す時、自然と大きな声になりませんか?


遠くの人に話しかける時、すぐ近くにいる人と話をする時、それぞれ声のヴォリュームが変わりますよね?

とても自然にそれができているんですね。

当たり前のことすぎて、調節しているんだと言うことを考えたこともありませんでしたが、微妙に調節していることに気付きました。


でも、1人で歌っている時は、歌いかける相手がいなければ、その距離感はどこに設定すればいいかわかりません。

そうすると、自分の中だけで歌ってしまいがちになります。

そして、自然と声が小さくなってしまったり、こもってしまうこともあります。


その時は、歌を歌っている部屋の大きさを感じて(一度ゆっくり部屋を見回してみるといいかもしれません)、


その部屋全体に声を響かせるイメージで歌ってみてください。

少し声のヴォリュームが大きくなりませんか?

私自身も、無意識で自分の中だけで歌ってしまうことがあります。「部屋全体に響かせるように歌ってみようか」と言われてから歌うと、自分の中だけで歌っていたことに気付けます。

部屋全体に響かせるほうが、声が広がって、気持ちよく声が出せる気がします。


生徒さんにも、「声を大きくして」と指導するよりも、「この部屋全体に響かせるように」と指導するほうが、自然と声も大きくなります。

皆さんも是非試してみてください。