2015年9月17日木曜日

Column:先生と呼ばれる仕事


OL時代、年末に高校時代の女友達Yちゃんと、大学時代の男友達Mくんと3人で遊ぶことになりました。

なぜか「占いに行こう!」と言うことになり、アメ村の三角公園の近くにある占いに行きました。


その時、占い師さんに言われた言葉がありました。


「あなたは、先生と呼ばれる仕事に就くわね。」


当時、私は企業受付のお仕事をしていました。

私の母は薬剤師なのですが、私は薬学部も出ていないし、薬剤師になれるわけはない。

学校の先生も、大学で教員免許を諦めた身なのできっとなれません。


一体何の先生になれると言うのだ?!


と思っていましたが、「ヴォイストレーナーだったらなれる可能性があるかも?」なんて思っていました。


まさかその数年後、本当にヴォイストレーナーになって「先生」と呼ばれることになるとは。


その占いは当たりましたね。(笑)


そしてもう一つ、作詞家も(今はそう呼ばれることは少ないかもしれませんが)「先生」と呼ばれるお仕事なんですね。

以前、一度だけ著作権関係のご連絡をいただいた時に



「S-KEY-A先生は~〜ですか??」


と話を始められて少しくすぐったい感じがしましたが、とても嬉しい気持ちにもなりました。

それ以降は一度も作詞家として「先生」と呼ばれたことはありません(笑)


「先生」と呼ばれるぐらい、偉大な作詞家さんになりたいです♪